社会福祉法人巨勢保育園

文字の大きさ
電話でのお問い合せは
0952-26-4247
HOME > 園からのおたより > 今月の園だより > クラスだより

園からのおたより

今月のえんだより

クラスだより

 

先月、さくら組のお兄さん・お姉さんたちが夏祭りの踊りを披露しにお部屋に来てくれました。音楽が流れると、手を叩いたり、体を揺らしたりと大喜びのつぼみ組さん。手作りうちわを手に、まるで踊っているかのように、パタパタと動かしていました。帰るときには、「バイバイ~」とお兄さん・お姉さんたちが優しくタッチしてくれて、とても嬉しそうでした。また一緒にあそぶ機会がもてたら良いなと思っています。最近では、物を出すことに興味を持ち始め、絵本やおもちゃなど…色々なものを出して楽しんでいる子ども達。引っぱったり、つまんだりできるおもちゃを手の届く場所に準備して、一緒にあそびを楽しんでいきたいと思います。


暑い日が続き、子どもたちは自然と水に触れ、戸外では蛇口をひねり、水の流れる様子を見て触れて喜んだり、タライの水に砂を入れて泥んこあそびを楽しんだりしました。お部屋では、さくら組さんと一緒に盆踊りを踊ったことが嬉しくて「もっかい」と催促し、うちわを持って踊っているばら組さんです。プールあそびが始まり、子どもたちはどっしりとおしりを付けて水に浸かりぱちゃぱちゃと水音を立てて喜んだり、ジョウロやカップで水をすくってかけたりと、水の心地よさを味わっています。8月も猛暑が続きます。家庭と連携を取りながら、一人ひとりの体調に合わせてゆったりと過ごしたいと思います。


毎日暑い日が続き、子ども達は、水に触れて水の心地よさを感じています。水をタライにくみ周りにベンチをおくと、友達と一緒に足をつけて「きもちいいね」「つめたいね」と笑顔でくつろぐ姿が微笑ましい子ども達。砂場では保育士と大きな穴を掘り、その中にカップや、じょうろを使って水道から水を運んで流し入れ、お風呂を作ってあそびました。「もっとお水入れようよ」「おふろ大きくしよう!」とスコップで穴を広げ、何度も水を入れて大きなお風呂が出来上がりました。満足そうな表情を見せていました。先日より、待ちに待った水あそびが始まりました。朝から、「プールするよね!」と楽しみにしており、プールの中では水を怖がることなく、豪快にお友達や保育士と水をかけ合って楽しんでいます。夏ならではの水あそびを子ども達と存分に楽しんでいきたいと思います。

夏の暑い太陽に負けないくらい毎日元気いっぱいのすみれ組さん。園庭に日陰の多い朝の時間帯は、裸足になり喜んで外へと駆け出していきます。セミの鳴き声が聞こえると、子どもたちの足は自然と木の方へ・・・。「あっ!いた!」と保育士の手を引いて教えに来てくれる姿は微笑ましいものです。また、園庭で育てているミニトマトは鈴なりに実り、嬉しい収穫の時期となりました。外あそびの休憩時間にはみんなでトマトをパクッ!暑い中で食べる新鮮なトマトはとても美味しかったようです。まだまだ厳しい暑さが続く8月。自分でこまめに水分補給をすることや汗をかいたら着替えることなど、夏の生活の仕方が身についてきた子どもたち。私たち保育士も一人ひとりの健康管理に気をつけながら過ごしていきたいと思います。

毎日暑い日が続きますが子どもたちは元気いっぱい。トマトが赤く色づくことを心待ちにしていたもも組さん。「早く赤くならないかな」「少し赤くなってきたよ!!」と植物の変化に興味を持ちながら大切に育てていた子どもたち。赤くなったトマトを大喜びでみんなで収穫をし、一人ひとり包丁で切る体験もしました。少し緊張しながらも、トマトが切れるととても嬉しそうでした。「おいしい‼」「あまい」と自分たちで育てたトマトの味は、特別なものだったようです。水あそびも始まり、夏本番。一人ひとりの体調に気を配りながら夏ならではのあそびを子どもたちと楽しんでいきたいと思います。  

7月の夏祭りの場で,巨勢太鼓の初披露を終えたさくら組さん。「初めて大勢の前で太鼓叩いてみてどうだった?」と尋ねてみると「緊張したけど楽しかった!」「いっぱい拍手してもらって嬉しかった!」と,達成感にあふれていた子どもたちでした。その表情は,以前よりもさらにお兄さん,お姉さんの顔つきに変わったように感じます。これから,曲太鼓の練習も始まりますが,子どもたち皆が楽しさを味わいながら取り組めるよう,保育者も一緒に頑張ります。そして,8月末は待ちに待ったお泊まり保育!暑さに負けず,たくさん遊んで,たくさん笑って,楽しい思い出を作りたいと思います!  

  •