社会福祉法人巨勢保育園

文字の大きさ
電話でのお問い合せは
0952-26-4247
HOME > 園からのおたより > 今月の園だより > クラスだより

園からのおたより

今月のえんだより

クラスだより

 

伝い歩きやよちよち歩きの子どもたち,毎日体をいっぱい動かして元気に遊ぶつぼみ組さんです。靴を履いて外に出ると嬉しそうに笑顔を浮かべ,砂の感触を楽しむ子どもや滑り台や回転遊具で遊ぶ子どもの姿が見られます。高月齢児の子どもは,保育者の「よーいどん!」の掛け声で走り(?)だし,にこにこ笑顔でゴールまで来てくれます。運動会当日は,かわいらしい子どもたちのかけっこを保護者の方々に見て頂けたらと思います。体を動かすことが大好きな子どもたち,天気が良い日は園庭でのびのびと過ごしていきたいと思います。


お部屋にある電車の絵本が大好きで,ダンボールで作った電車を出すと,電車に乗ってお部屋や廊下を「ガッタンゴットン」と言いながら電車で動き回って遊ぶ子どもたちの姿が見られます。お友達や保育士と一緒に乗ると,より一層楽しそうでした。また,高い所からジャンプしたり,トンネルをくぐったり,鉄棒にぶら下がったりと,お外でもお部屋でもたくさん体を動かして遊んでいます。いろんなことに興味を持って挑戦してみたいばら組さんです。   今月より,ばら組さんもリトミックに参加します。皆楽しみにしています。


先月はお店屋さんごっこに夢中だったちゅうりっぷ組さん。保育者が「いらっしゃいませ!」とお店を開くと,バッグとお金を用意してお買い物にやって来る子ども達。「◯◯ください」と欲しいものを伝え,店員さんとの会話を楽しみながらお買い物をする姿がありました。また,「何が欲しいですか?」と店員さんになりきる子どもが増え,お客さん役,店員役の両方を楽しむことができました。運動会のお遊戯では,はじめての隊形移動に挑戦!練習を重ねるごとに「◯◯ちゃんここだよ~」と友だち同士で教え合う姿が見られるようになりました。一人ひとりの体調に気を配り,楽しみながら体を動かしていきたいと思います。

運動あそびやダンスが大好きなすみれ組さん。最初は平均台や巧技台に挑戦することに「ちょっとこわい…」と不安を感じる子もいましたが,一度自分でできるとそれが自信となり,その後は何度も繰り返してあそぶ姿が見られました。また,お部屋で『ひょっこりひょうたん島』の音楽を流すと,以前より耳馴染みがあった曲だけにすぐに踊り出す子どもたち。“すすめー!”のポーズは子どもたちのお気に入りのようです。今年の運動会ではさくら組さん,もも組さんと一緒に初めてのリレーや玉入れにも参加します。当日は,お家の方の温かい応援が力となります。のびのびと運動会を楽しむことができたらと思います。

恐竜が大好きなもも組さん。以前は保育者に「恐竜描いて~!」とリクエストしていた子どもたちでしたが,最近は図鑑や恐竜の人形を見ながら自分で絵を描いて楽しむ姿が見られます。恐竜のパズルでは,土台の枠がない物にも挑戦し,今では友だちと一緒に完成することができるようになっている子どもたちです。また運動あそびでは,鉄棒で前回りをしたり,マットで前転したりとたくさん体を動かしました。できなかったことができるようになり,喜びや自信につながっているようです。競い合ったり協力したりする中でみんなと一緒に取り組む楽しさを深めていき,またひとつ成長したように思います。朝夕と気温に差があり体調を崩しやすいので,一人ひとりの体調に気をつけながら,今月も引き続き運動あそびを楽しんでいきたいと思います。

かけっこに跳び箱,組体操など,運動会に向けていろんな運動遊びを楽しんでいる子どもたち。紅白リレーでは「どうやったら勝てるかな?」「誰が何番目に走る?」と,各チームで意見を出し合いながら自分たちで話し合いを進め,一致団結して「頑張ろう!」と意気込む姿が見られました。曲太鼓では,曲に合わせて演奏する難しさを感じながらも,少しずつ音が合ってくると嬉しそうな表情を浮かべ,全員で心を一つに,と頑張っているところです。園生活最後の運動会,子どもたちにとって最高の思い出となりますように…。  

  •